ごんた屋商品のお問合せはお気軽にお電話で!

全ての進化は工作自作から始まる・人類の知恵

大容量バッテリーにLEDつないで爆発??

WRITER
 
100VでLED1本点灯
この記事を書いている人 - WRITER -
ごんた屋てんちょうのNORIです。自分でやってみる!という人生を楽しんでます。LEDから始まり料理、住まい全般なんでもDIYです!

視聴者様からのご質問

大きな容量のバッテリーでも大丈夫?

30Aや100Aの大容量のバッテリーなどに

0.02Aしか流さない、こんな小さいLEDつないで燃えませんか?

と、2022年4/19日お電話にてご質問ございました。

電圧と電流の関係を説明してる記事はありますが、

素人言葉?初心者にもわかりやすく?となると、NORIの出番ですな(^^)

結論、どんだけデッカイ電源でも問題なし!

ではさっそく初心者言葉で、解説していこう!

電圧は要注意!電流は気にする程度でOK

電圧とは、位置エネルギーみたいなもので例えられる。

iPhoneを1mの高さから落下させるのと10mの高さから落下させるのでは、壊れ方が劇的に違う。

1mより10mの方が落下速度が加速して早くなり、地面に落ちた衝撃はとてつもない。

10mから1mへ落下

100mならもっとだ!
これを電圧で言うと、
1Vの威力と、10Vの威力、そして100Vでは触るだけでビリビリ!痛いです。
なので電圧に対しては、抵抗を入れてLEDを保護する。

こんなイメージで考えてもらえればOKです。

2.2VのLEDでも抵抗とダイオードさえ入れれば、100Vコンセント直でも点灯します(^^)

AC100V-2.2V=97.8V AC(家庭のコンセントは交流)整流ダイオード絶対必須なのでダイオードの電圧降下0.5V引くと

97.8-0.5V=97.3V
97.3V÷0.02A=4865Ω なので5000Ω入れればOK
5000なので単位変えて、5KΩという
実際は手に入りやすい5.1KΩを使う。

作業場でちと汚れてますが、10KΩでやってみた↓

100VでLED1本点灯

良い子は絶対真似しないでください。

AC100Vは間違えると感電死します。火災にもなります!

バッテリーなどの電流(A・アンペア)は取り出せる量

一方、電流値は入ってる電気の量って感じ。

お米を入れる米びつみたいなものがバッテリーで

容量1Aならお米に例えると、1Kg
容量10Aなら お米10kg
容量30Aなら お米30kg
容量100Aなら お米100kg

電流とは、どれだけ取り出せる電気があるのか?の意味で、
お米なら、毎日100g食べて、1kgなら10日
30kgなら300日もつなぁ、、、って感じ
お米はお米なんです。

 

その通りで、入ってる容量なので、

たとえ12V100Aの大きいバッテリーでもLED1本点灯できます!

ご理解できましたでしょうか?(^^)

小さい電圧の高い電池は速攻で電流(A)なくなります。

だから9Vの電池は中に1.5Vのミニ電池が6個入っています。
006P電池
1.5×6=9V

単5サイズの12V電池はミニボタン電池が8個入っています。
12V単5サイズ電池ボックス
1.5×8=12V

この中に入ってる電流の量・電気の量は米粒ちょいですから。。

You Tube動画で詳しく解説

この記事を書いている人 - WRITER -
ごんた屋てんちょうのNORIです。自分でやってみる!という人生を楽しんでます。LEDから始まり料理、住まい全般なんでもDIYです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 工作自作ドット・コム , 2022 All Rights Reserved.