ごんた屋商品のお問合せはお気軽にお電話で!

全ての進化は工作自作から始まる・人類の知恵

LED一本用点灯電源(LED診断装置)

NORI
WRITER
 
隠し玉点灯
この記事を書いている人 - WRITER -
NORI
ごんた屋てんちょうのNORIです。自分でやってみる!という人生を楽しんでます。LEDから始まり料理、住まい全般なんでもDIYです!

LEDを1本から試験点灯できる

その恩恵は激しく素晴らしい。

LED一本点灯用電源

バッテリーも内蔵していて

LED一本点灯用電源アップ

バッテリー寿命は日に数回で使えば1年から2年持ちます。

LEDに対して直接つなげる

通常12Vなどの電源やLED試験点灯用電源を直接LEDにつなぐとLEDは破裂したりして焼き切れてしまうのだ。

例えばごんた屋鉄兜赤LED5直列なら75Ωの抵抗で12Vから15Vかけて安定する。それを知った上でLED試験点灯用電源で両端をはさみ点灯チェックは可能なのだが、間違って隣の回路や周辺に触れてしまって、そこの周辺のLEDを焼き切る事例が後を絶たないのです。授業などでもよく生徒がやってしまうミスなんです。

そこでせっかく作った基板のLEDを交換するのはなんとも虚しく、大変な作業なので、絶対LEDが切れないLED 1本点灯チェック用電源を作りました。

キャノンボール消灯

通常12Vなどを流すと一瞬でLEDは壊れます。

このバッテリーはDIYユーザーの味方で、一本から点灯OK

キャノンボール点灯

白ならかろうじて3直、赤なら4直まで点けることも可能。※通常は1本点灯用としてお使い下さい。

全体消灯

SMDタイプのLEDも

全体

このように点灯可能

3528グリーン点灯

プラマイ(アノードカソード)に接触させるだけです。逆にしても電流値が低いのでLEDが壊れたことも無いです。

メーター基板などのチップLEDを直接点灯させる

パネル点灯

精密基板にも安心して使えます。

パネル点灯アップ

12V電源などで行うと、基板CPUごと壊れてしまいます。

メーターLED基板

メーターLED打ち替えには必須のLED 1本点灯チェック用電源です。

接触させるだけ

テスト点灯アップ

いままで作業した事例では、他の電子回路に影響なし

テスト点灯アップ

実際に車に装着する前に点灯試験ができるので、非常に高信頼性になる。

LEDテール基板などが一部つかない時の診断ツール

LED基板

そんな時はどれが切れているLEDかを基板裏にLED 1本点灯チェック用電源を当てて点灯しみる。

表から見た基板

生きてるLEDはしっかり光ります。

診断中

切れているLEDやハンダ不良の部分のあるLEDは点かないので、原因の特定が速やかになります。

試験点灯

裏側からチェックの様子

基板表点灯

光が漏れて生きてるLEDと判断できる。

隠し玉点灯

隠し玉を点灯してみた。

隠し玉点灯

隠し玉とは、NORIが最初に考案したLED電流均一技法の名称である。

隠し玉点灯アップ

実は10Wクラスで電圧も10V以上必要なパワーLEDも点灯できる

10WLED点灯

これは電圧10V700mAの黄色のパワーLEDである

10Wアンバー点灯

それもこのように点灯できる。

10WパワーLED

実際に定格を流すと爆裂な光ですが、このようにLED 1本点灯チェック用電源でも生きてるか切れてるかは確認できる。

相変わらずですが、このバッテリーも、安心の国産で、ごんた屋にでNORIが1台1台手作業で作っております。

ぜひLED自作のアイテムとして、ご利用下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
NORI
ごんた屋てんちょうのNORIです。自分でやってみる!という人生を楽しんでます。LEDから始まり料理、住まい全般なんでもDIYです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 工作自作ドット・コム , 2018 All Rights Reserved.