ごんた屋商品のお問合せはお気軽にお電話で!

全ての進化は工作自作から始まる・人類の知恵

浴室乾燥リモコン(たぶん)修理依頼 Facebook-friendより。

WRITER
 
バラバラのリモコン
この記事を書いている人 - WRITER -
ごんた屋てんちょうのNORIです。自分でやってみる!という人生を楽しんでます。LEDから始まり料理、住まい全般なんでもDIYです!

リモコンが液漏れで動かなくなりました!

送られてきた写真5

修理できますか?とメッセンジャー(^^)で。。

送られてきた写真4

送られてきた画像は。。悲惨

送られてきた写真3

こんにちは、お久しぶりです。ちょっとお聞きしたいことが有りまして…換気扇のリモコンの電池が液漏れを起こしまして、基板がこのようになってしまいました。無水エタノールで拭いて、ある程度硫酸銅を除去しました。

でも、写真の様に表示されるまでにはなりましたが、その後の反応が無くなります。

解決策は有りますでしょうか?

お願いします┏○ペコッ

 

色々アドバイスはしたものの。。

ついつい

どうもならないようなら、捨てる前に送って下さい(^ ^)見ますよ〜〜

送られてきた写真2

と、、悪くせが。。(^^)

するとすぐ送られてきた(^^)汗↓

浴室乾燥リモコン腐食

完全に腐食しています。パターン同士も腐食液で導通してしまい。。

完全に銅が酸化しています

肉眼ではほぼ何も見えません。。。掃除されてこれだから。。だいぶ酷かったのだろう。。

若干は復活

腐食部分研磨とパターンの間の腐食酸化物除去を延々と繰り返すと、表示が出た。。

パターンの間がショート

さらにルーペで拡大して、残っている酸化物を除去

ルーペで見る

パターンはあちらこちらで無くなっている。みなさん使わない機器の電池入れっぱなしは駄目よ。

パターン腐食により切断

これは相当なバイパス手術が必要だな。。

パターンの間も掃除

パターンの間の酸化物もほぼ除去

パターンの掃除終了

耐熱極細リード線で手術開始

極細リード線で修理

十分細いので作業は順調にいけるだろう。

リード線ハンダ付け

まず回路を頭に入れてからバイパス手術

しっかりハンダする

拡大するとこんな感じです。

細いパターン

1ミリ無いですが、慣れれば出来ます。

回路を読んで

精密にッパで必要な長さで切断。

電池の接点も腐食

液漏れの一番ひどかったと思われる部分。パターンは全て溶けています。

パターンが完全になくなる

パターン無いので、回路を読んでココだろうというところへバイパス

基板に穴を開ける

テーブルドリルで穴開けます。

テーブルドリル

この穴から反対側へリード線通します。

縫うように配線していく

通ってきたリード線

極細リード線

それぞれの部位へハンダします。

バイパス手術を施す

最小限のバイパスで済むようにしました。

復活した

みのむしクリップと電池ボックスで3V投入

リモコン動作1

オープニング全表示後も消えること無い!

リモコン動作2

どんな製品のどういうリモコンか不明ですが、だいたいわかる。

リモコン動作3

これは治ったみたいだ!

動作チェック

マイコンの足は腐食していたが、酸化物取り除くと動いた。

赤外線出力チェック

あとは赤外線LEDが生きているかだ。専用自作赤外線改造カメラで確認すると閃光を放っていました。

自作専用機器でチェック

iPhoneなどのカメラでは一切見えません。

バラバラのリモコン

それでは組み上げていきます!

組み上げる

治ったので嬉しい気持ちいっぱいです。

ドライバーで組む

分解した逆の手順で組み上げていきます。

ケースを閉じる

年代物か?高い製品なのか?しっかりした作りです。

リモコン完成

完璧に治ったリモコン。

またこれからも人の笑顔のために動いて下さい。

今回は楽しませてもらったので、当初約束通り無償で対応しました(^^)

ご覧いただきありがとうございます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ごんた屋てんちょうのNORIです。自分でやってみる!という人生を楽しんでます。LEDから始まり料理、住まい全般なんでもDIYです!

Comment

  1. 中野美紀 より:

    はじめまして。
    リモコン修理で検索しこちらに辿り着きました。
    ご相談させて下さい。
    東京文京区在住の中野と申します。
    築30年の中古戸建を購入しました。
    そこで、30年たっている壁はめ込みエアコン付属のリモコンが液漏れでダメになっております。メーカーには後継品が無いそうです。
    (エアコン自体は本体の電源を入れますと運転します)
    リモコンの電池を外しますと、電池のマイナス接触部分のグルグルワイヤーが無くなっております。
    こういった状況ですが修理出来ますでしょうか?
    いつ壊れてもおかしくない状況の古いエアコンですが、買い替えにはかなりの費用がかかりますため、壊れるまでは現状維持でと思っております。

    • NORI より:

      コメントありがとうございます(^^)
      現状使えればそれがエコですよね!
      修理できるかどうか?不明ですが、
      捨てるつもりで送って貰えれば分解して診断します。

      この記事の方は弊社の顧客さんで無償対応しましたが、
      修理となると料金がかかります。正規料金は頂きませんので大丈夫です。
      正規料金になると私の時間工賃になり、エアコン買えそうになります。。汗

      実際修理開始しないと治るかどうかも不明です。
      壊しても良ければ、分解作業します。
      溶けてなくなってる場合は、外部に電池ボックスを作るなど
      不便な状態になるかもしれません。
      修理できない場合は送料以外料金は頂きません。
      ブログ記事にはするかもですが(^^)

  2. 中野美紀 より:

    お返事に気づかず失礼をお許し下さい。
    実は、地元のボランティア助け合い掲示板で、このような相談をしましたら、修理してく出さる方がいらっしゃり、今日、手元に戻って来ました。
    その節は、親切なお返事をくださり有難うございました。
    中野

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 工作自作ドット・コム , 2018 All Rights Reserved.