ごんた屋商品のお問合せはお気軽にお電話で!

全ての進化は工作自作から始まる・人類の知恵

メッキは電気通します!LED加工時要注意!

WRITER
 
ナンバー枠LED
この記事を書いている人 - WRITER -
ごんた屋てんちょうのNORIです。自分でやってみる!という人生を楽しんでます。LEDから始まり料理、住まい全般なんでもDIYです!

テールやヘッドライトのメッキは銅線と同じ。

テール加工したりして、メッキのところに基板の端が当たり、

そこから漏電する事例が、多く存在します。

ネットフリマなので販売されているものは、特に要注意です。

装着した瞬間、最悪の場合火災になります。

どこかしらのヒューズが飛んでくれたら、被害は少ないでが、

セダンなどのナンバー枠は要注意!

この様に全面メッキのタイプで、車体にボルト締めの電装品は要注意

ナンバー枠

メッキ部分とボディーアースが繋がってるから怖すぎます。

ナンバー枠LED

この様にLED基板を作ってインストールする時、

LEDのプラスラインがこのメッキに触れていると、どうなると思います?

加工して、仕上がり、動作確認、点灯確認を何時間しても問題なくても、

一度、車に装着すると、

今まで、メッキに触れていた12V+電源は、車体に装着して、LED点灯した瞬間

ショートです。

この事例が非常に多かったです。

 

表も裏もメッキのテールも要注意

純正でも多い、メッキテール、比較的トヨタのセダンに多かったと思いますが、

テールメッキ

メッキ部分に、プラスラインが当たると、

電気と通すメッキ

取り付けのボルトと導通しているので、

取り付けて、動作させると

いきなり煙。。火災。。です。

メッキは事前に剥がすか、しっかり絶縁しましょう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ごんた屋てんちょうのNORIです。自分でやってみる!という人生を楽しんでます。LEDから始まり料理、住まい全般なんでもDIYです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 工作自作ドット・コム , 2022 All Rights Reserved.